中津を粋にする集い

アクセスカウンタ

zoom RSS 『学問のすゝめ四編』を終えて

<<   作成日時 : 2010/01/16 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Today's Point!】

「人の上に立つ人」の責任とは何か

                                
                             いわく          
『方今、その外国に及ばざるものを挙ぐれば、曰学術、曰商売、曰法律、是なり。三者挙らざれば国の独立を得ざること識者を俟たずして明なり。』 
 
 私の使命
 
 私は義塾社中と共に私立の立場から学術を講義し、商業を従事し、法律を研究し、本を出版し、新聞を発行して人民を啓蒙する事にした。人間の事業は独り政府の任にあらず。今より私立の実例を示せば、日本固有の卑屈な気風も消え真の国民が生まれるであろう。
 そして、初めて民力と権力が平均し、国の独立が維持出来るはずである。
 明治七年一月


 ・・・・・・(司馬遼太郎風に)まことに小さき国の開化期を迎えようとしている国民に激しくもあたたかい叱咤激励の声です。


【Impressions!】

 町おこし(黒田武士顕彰会)に熱心なだけに諭吉先生も大好きと言って参加してくださる松本達雄さんのコメントです。


 「福澤諭吉の『学問のすゝめ』は中津市民として必ず一度は読んで欲しい一冊です。郷土の諭吉研究の第一人者、福田一直先生に学べる事はこの上ない幸せです。皆さん一緒に学びましょう!」

 
【Financial Report】

 会計報告です。

  お順さん基金 8名×500円=4,000円 GET!

 合計8,400円となりました。

 新年を迎え新しい気持ちで2010年第1回目が始まりました。、まだまだ寒さが続きますが、多くの人の参加を期待しております。よろしくお願いいたします(会計 松本)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『学問のすゝめ四編』を終えて 中津を粋にする集い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる