中津を粋にする集い

アクセスカウンタ

zoom RSS 『学問のすゝめ十四編』を終えて

<<   作成日時 : 2010/12/10 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Today's Point!】

☆心事の棚卸こと
「フランキリン」云えることあり、十分と思いし時も事に当れば必ず足らざるを覚るものなりと。この言,真に然り。
フランキリン=フランクリン 米の政治家・科学者。避雷針を発明。独立宣言の起草者。

 和漢洋の書を読んでも、世界の情勢すらつかめず、まして自分の家の生活さえ立てられぬ者は算盤も持たずに雑貨屋を営むようなものだ。こういう連中は今の世に珍しくない。
 その原因は人々が時勢の流れにまかせ、なりゆきで生きてきた事によるのである。「生まれてから今まで自分は何をしてきたか。これからどうするべきか」と一身のあり方を明らかにし将来の方針を立てるには知識と精神の活動を点検する『棚卸し』が必要なのである。


☆「世話」の意には「保護」と「指図」の二つの意味があること 
 
 保護とは時間を割いて利益を守ってやり面倒を見る事。
 指図とは人の為に心を尽くして忠告する事。

 保護の意より指図の意が行き過ぎると「大きなお世話」。指図の意より保護の意が行き過ぎると「大きにご苦労」となる。ギブ・アンド・テイクは経済の大原則である。なさずもがなの保護や無理強いの指図は相手の感情を害し、交際を気まずくさせる。評判を得ようとして実を失うことになる。世の学生諸君よ、経済法則の理論だけをふりかざして人間味のある慈悲の精神も忘れてはいけない(明治八年三月)



【Financial Report】

 会計報告です。

  お順さん基金 10名(内家族2組)×500円=4,000円 GET!
  ▲資料代=1,000円
  ▲エアコン代=100円

 合計42,900円となりました。

 22年最後になりました。皆さんの参加で無事終了できました。23年度もすぐ始まります。1人でも多くの方の出席をお待ちしています。(会計 松本)


 福澤旧邸が来年4月リニューアルオープンに向けて改装中です。我集いも学問のすゝめ十七編完全読破に向けて眼張り中です。記念すべき日には「お順さん基金」で何かお祝いいたしましょう。
 今年は福田先生をはじめ皆様と戯れた楽しい年でした。来る年も宜敷くお願いいたします。

                                 年満月 拝

『学問のすゝめ十五編』を読むは平成23年1月9日(第2日曜日)を予定しております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『学問のすゝめ十四編』を終えて 中津を粋にする集い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる