中津を粋にする集い

アクセスカウンタ

zoom RSS 「学問のすゝめ」十二編を終えて

<<   作成日時 : 2016/03/14 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
学問への思いは深い淵のように、
人に接するは活発な飛鳥のように、
成果は壮大に内外に行き渡るように

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 
  西洋では人が集まる所、必ず演説(スピーチ)の習慣がありますが、我国はお坊さんの説法位です。演説は決して高潔に理論を語るだけのものではなく、知識を蓄積し、議論(談話)を演説して現実社会に広めなければ学問も無学に等しいのです。
 人の見識を高く行動に繁栄するには、思いを高く持ち、決して自己満足しないことです。この事は国の状態についても同じです。
 あれほど繁栄した文明国インドはアヘン栽培にあけくれその毒薬は中国人を殺し、アヘン売買の暴利は英国商人がむさぼっています。又、強大な軍事国家だったトルコは、産業は日毎に衰え、機(ハタ)を織る者も機械を製造する者もなく、むなしく懐に手をして田を耕す者もいない。一切の工業製品は英、仏に頼って、かつての勇士達の姿はありません。両国共あたかも奴隷のごとき状態です。
 何故でしょう?…それはインドもトルコも人民の考えが平和に慣れて内輪ケンカに明け暮れ、発展して行く外国を見ようとしなかったからに外ありません。
 今、西欧諸国の経済はアジアに敵無しです。恐れると同時に学ばなければなりません。とすれば、内外の状況の比較、検討し大いに演説で国民の見識を高め努力し、決して自己満足してはいけません。

 ――― ◆ ――― ◆ ―――  ◆ ――― ◆ ――
出来ました!!

「小学生向け 月めくり教訓カレンダー」

…でも大人でも楽しめます(^^)

 半年前「日本100ヶ所 日本遺産」に私共の集いが手を挙げて以来、何かお手伝い出来る事はないか?と考えて到達した事。
 心のレガシー(遺産)でした。
 経済効果は一過性に過ぎないけれど、住民一人一人の自分達の町を誇りに思う心〜そのレガシーを小学生に受け取って欲しい!という思いから始まりました。
 
 半年余りに亘り、福田先生、若い力(中津北高美術部の皆さん)、格を上げて下さった表題(中津北高書道の先生)仲間の智恵とヒントで満載の……感謝、感謝です

 先ずは手に取ってみてのお・た・の・し・み です

画像



 
   お順さん基金報告
   12(内家族1)11×500=5,500円
   ▲エアコン代=100円
   トータル:65,040円

 お順さん基金を利用しての小学生卒業生へのプレゼントの月カレンダーが出来、子供達が1人でも多く諭吉先生の事がわかってくれる事を願っております。(会計松本ひろ子)


2016年「学問のすゝめ」十三編の集いは4月3日(第1日曜日)午後6時〜7時半を予定しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「学問のすゝめ」十二編を終えて 中津を粋にする集い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる