中津を粋にする集い

アクセスカウンタ

zoom RSS 第4回 「日本男子論」最終編を終えて 

<<   作成日時 : 2017/07/12 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

文明世界の中の日本 

 本編の趣旨は、人間の道徳の根本は夫婦の間にある。私徳は公徳の母と唱えて来ました。今や日本は日本だけでの日本ではありません。世界万国に対して文明世界の中の日本です。多妻法は断じて許されるものでなはなく、後世子孫に禍を残すだけでなく、自国の名声を害する罪人なのです。
 女教の「女大学」に於いても、女子の天性が男子より劣り、女は陰性で陰は暗等と妄漫無稽(モウマンムケイ:乱れてでたらめ)な教えもありますが、大抵はその教えを男子にも従わせたなら、男女の権力を平等にする事が出来るものです。

 「居は志を移す」(孟子)と言います。今まで男子の不品行にも係わらず…社会の栄誉が地に落ちなかったのは、良家の婦女子のおかげです。日本の婦女子は西洋の婦人と相対しても不作法な振る舞いも無く、能くせざる所を能くして、耐えざる所を耐え、我が日本の国光として誇れるのもです。この良家の婦女子が有形無心の文明に誘われて、漸く活発に移る最中です。それはあたかも我日本未曾有の家屋(婦人の地位を高尚にする新案)が新築されていくようです。
 私はそれに賛同する者ですが、男子の遠慮の無い不品行の火種は百事を投げ打ってでも、その火を消さなければなりません。満目焔々(目先の問題)の大火の消火に忙しくして新築に関わる暇がありませんが、婦人の安らかな居住の改良に着手するため、筆力のあらん限りを尽くすつもりです。完
(1888年 明治21年1月24日)


◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆

福田先生の資料より
 
☆漫談(9人の子供達)☆


画像


 もし、9人の性格を全部一人に集め備えた子供が現れていたら、必ずや親の再来といわれる大人物になっていただろう。深さと強さと独創性、ひと口に云って偉大さにおいて、とても比較にならないと思う(清岡暎一)



会計報告

お順さん基金

13名(内家族1)12名×500=6,000円
             エアコン代=100円
                 
            基金残高 18,900円
              

 大勢の参加とてもうれしく思います。自分の机があるというのは今までと違った思いではないでしょうか?来月も一人でも多くの参加を楽しみにしております。(会計・松本ひろ子)

第1回「男女交際論」(P101〜)を読む集いは8月6日(第1日曜日)PM6時〜7時30分を予定しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第4回 「日本男子論」最終編を終えて   中津を粋にする集い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる