中津を粋にする集い

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1回「男女交際論」を終えて

<<   作成日時 : 2017/08/09 23:19  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間(ジンカン:社会)交際

 漸く字の読む通り、社会交際(朋友、同業、同学、同国)の相互いの往復が始まりましたが、残念な事に唯、尚、男子間だけのことで、日本文明もまだまだ誇れるものではありません。

 数千年来の古人の教え(儒学)は未開人に対して始まった教えでした。今や人智の進んだ世界ともなれば、その時々の人心に適合するよう改良されるべきなのに、一心一向に死守し、極端に走っています。人間(社会)習慣の至大至重の問題を、古今の学者が軽々しく看過ごしている責任は重大です。

 儒学では(君子ならざれば小人)(孝ならざれば不孝)(忠ならざれば賊)と、その間に一毫の余裕を許さない二分法は、私の最も合点しない所です。又、男女間では夫婦別あり(他人のように礼を尽くす)、男女席を異にすべし(礼記)男女を陽と陰と名付け引き離す。学者の脳中には貞実と婬乱の思想があるのみ。その貞と婬の中には無限の妙処があることを忘れています。西洋では、男女を電極のSN極のように互いに相衝き、相近づき、相親しみ、その中には無限の情があると説いています。獣、草木、生きるものすべて、まして万物の霊たる人類は尚の事です。男女を引き離すばかりの儒者の心の狭さは見過ごせません。

 男女の交際には肉体の交(まじわり)と情感の交があります。肉交は肉交のみを以て終わるべきではありません。双方、相互に会話し、同食して言わないまでも無限の情を感じるのは山水の景勝に遇って感動し、南風を薫ずる様…これを情感の交といいます。肉交、情交どちらも至大至重で、どちらも欠いてはなりません。(明治19年5月26日)


◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ 

福田先生の資料より@

米軍伝単・・・自由主義のすすめ
画像
画像
慶應義塾 福澤諭吉協会理事
西川 俊作

 本土空襲も酣(たけなわ)の1945年2月半ば、アメリカ軍は日本国民の心理攪乱、戦意阻喪を目的とした謀略伝単(宣伝ビラ)を全国各地の上空より大量に散布した。
 内容は・・・

 @福澤肖像は画でなく写真。
 A「天は人の上に・・・」(学問のすゝめ)から引用されていた。
 B筆者は日本人の公算が強い。
  言語上の改善は、捕虜日本兵士が加わって作成した(らしい)

 

 福田先生資料よりA
画像

画像


 昭和9年真山青果作「福澤諭吉」
 明治3年秋、中津に母お順を迎えに行き、その帰途、大坂の蔵屋敷に居た親戚藤本箭山に寄留したときの出来事、三幕

 登場人物:諭吉、お順、朝吹、中上川、増田、藤本



会計報告

お順さん基金

8名(内家族1)7名×500=3,500円
       エアコン代=▲100円
                 
        基金残高 22,300円
              

 台風の心配をしながらの読み会でしたが、無事に出来ました。暑い毎日が続いております。体には十分気を付けて9月にお会いしましょう。(会計・松本ひろ子)

第1回「男女交際論」を読む集いは9月3日(第1日曜日)PM6時〜7時30分を予定しています。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第1回「男女交際論」を終えて 中津を粋にする集い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる