アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「「男女交際論」を読む」のブログ記事

みんなの「「男女交際論」を読む」ブログ


第3回「男女交際論」を終えて

2017/10/04 22:49
男女の品行を高尚に

 時事新報に8回にわたって、男女交際論の私の意見を述べてきました。古学者(儒者)の言う、世の中の品行を貞実清浄潔白にという目的は達せられているでしょうか?私は反対に悪結果になっているとしか言えません。
 今では、どこの国も男女交際は穏やかに、自由になっているのに、我国だけ窮屈で、まるで大人を小人扱いしています。
 世界の国では心中(情死)は稀です。が、日本に多いのは何故でしょう?
 社会の圧制で、1年360日家に居ても、外に居ても必ず大礼服(正装)を着ているような窮屈さは、人生これに耐え切れなくて、醜い裸体を見せてしまう。男子はその策に苦しみ、はけ口を花柳の醜行に求めるのです…只、哀れです。今は便服(和服と洋服を合わせたもの)があるように、今少し寛大であれば、打ち解けて情を通じ合い、知らず識らずの内に、女は男に学び、男は女に教えられて、日常生活にも思いもしない大利益があるに違いないのです。


小心者の古学者達は危険だ!と言う者がいるでしょう。
では、古来のままでいいのでしょうか?人の情を痛めつけ、生身の男女を憂鬱にし、心の弱い小人は醜行を行い、君子は陰に隠れて、自らを慰めていただけではないでしょうか?

 社会の圧制には愛想も尽き果てました!!
 私の言う、男女の品行を高尚にする男女交際を始めましょう。
 私は皆さんと共に、断じて戦い抜く覚悟です。(明治19年6月3日)


◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ 
画像







画像画像画像











明治30年(1897年)ごろの山国川の港と鉄橋


〇大阪冬の陣(1614年)夏の陣(1615年)の後、荒廃した町も人も商業の復興によって、芝居小屋、歌舞伎、廓等の発達で安泰していく中、中津も商業の町として発展していく。

〇福澤先生の慶応義塾大学1分校として明治4年来(1871年)、中津市学校(洋式英学校)が開校されるが、西南戦争や、他校の成長により、明治16年閉校となる

〇昭和4年4月「中津市」誕生

〇福澤旧邸は昭和46年6月22日付けで国指定重要文化財「史跡」となる。


◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ 


 日本婦人論、日本男子論、男女交際論と読んできました。
 集いの中から今も現役の働者の黒田幸子さんに感想を聞いてみました。

『福澤諭吉先生は、家に男尊女卑の悪習を醸している事は、非常に不幸な事であり、最も憐れむ事だと驚き、また嘆いています。古来家の血統を重んずる国風があり、その目的を達するが為には、男子にとって一夫多妻が便利である。家名断絶をなくす為と、表向きは最もらしい大義名分を通す。家の中でも、社会においても、女性は居ても無きに等しい存在!これをただ、ただ、疑問を感ずる事無く受け入れてきた女性達、女子教育が無いが為に生じた最も不幸な歴史である。今は男女平等、男女共同参画社会と詠われ、女性の地位もはっきりと向上している。しかし、これに甘んじる事無く、私達も多方面で学ぶ事を怠らず、男女交際、国際社会の交流に至るまで、現代社会に生きる者として、知識はもとより、人間の品格の向上に努めなければならない。先人の名誉と功績に報いる為にも…。

 最後に、毎回惜しむ事無く、ご自身のあらゆる知識を私達に与えて下さいます、福田一直先生に心から深謝申し上げます。そして、これからも「中津を粋にする集い」が、ますます充実した楽しい集いである事を願っています。



会計報告

お順さん基金

9名×500=4,500円
                 
        基金残高 32,200円

先月、風邪をひいたことがない…という先生が風邪をひかれた中、私達のために出てきてくださり、頭が下がります。皆さんも負けずに出席してください。(会計:松本ひろ子)
              

11月の「男女交際余論」を読む集いは11月5日(第1日曜日)午後6時〜午後7時30分を予定しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第2回「男女交際論」を終えて P115〜127

2017/09/05 23:38
「解語の花」と「有情の松柏」の人間(ジンカン:社会)

 今日の無情殺風景の文明が遅々として発展しないのは、和漢の学者の罪であると、前回述べました。
 しかし、万物の霊である人類の頭脳や感性の進化は、きん獣にはない情交の交際に現れました。形体の醜美を選ぶことなく、男は女を近づけ、女は男を愛するのは、精神的な交わりが現れたのもだと言っていい。解語の花(男子が美女子を褒める)とか、有情の松柏(女子が美男子を褒める)とは、情交の妙処の言葉です。生まれ、語られて、伝えられて来たのに、徳川太平250余年の時代古人は、相近づく不可、相語る不可、触るる不可…と、婦女子を人間交際の外に排斥し、いても居ない如くの地位にしてしまったのは、日本国の一大不幸と言うべきです。

 一度この習俗に天下が圧制されると有力者といえども、これに抵抗出来ない圧制の社会となってしまいました。
 社会圧制の婦人の状況といえば他人との集合の席に出ず、出たとしても談笑せず、飲食せず、他家に来訪することもなく、朋友もいない。この様な事では肉体の生はあっても、精神の生はない。女性の不愉快は男性の不愉快なのです。双方が自由であれば嫉風妬雨(身を苦しめる嫉妬)も桃李春風(極楽)の世界が作られるでしょうに!

 この国を維持する国力は男性の理解と協力で自由となった半数の女性であると知るべきです。人生の至情において、誰が自分の妻を親愛しない者がいるでしょうか!!(明治19年)




会計報告

お順さん基金

12名(内家族1)11名×500=5,500円
        エアコン代=▲100円
                 
        基金残高 27,700円
              

 灯ろう祭り(8月9日)と耶馬溪千本づき(8月26日)と、今年も諭吉音頭をたくさんの方々と踊って来ました。あと少し暑い季節と思います。来月も又元気でお会いしましょう(会計・松本ひろ子)

画像



第3回「男女交際論」を読む集いは10月1日(第1日曜日)PM6時〜7時30分を予定しています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第1回「男女交際論」を終えて

2017/08/09 23:19
人間(ジンカン:社会)交際

 漸く字の読む通り、社会交際(朋友、同業、同学、同国)の相互いの往復が始まりましたが、残念な事に唯、尚、男子間だけのことで、日本文明もまだまだ誇れるものではありません。

 数千年来の古人の教え(儒学)は未開人に対して始まった教えでした。今や人智の進んだ世界ともなれば、その時々の人心に適合するよう改良されるべきなのに、一心一向に死守し、極端に走っています。人間(社会)習慣の至大至重の問題を、古今の学者が軽々しく看過ごしている責任は重大です。

 儒学では(君子ならざれば小人)(孝ならざれば不孝)(忠ならざれば賊)と、その間に一毫の余裕を許さない二分法は、私の最も合点しない所です。又、男女間では夫婦別あり(他人のように礼を尽くす)、男女席を異にすべし(礼記)男女を陽と陰と名付け引き離す。学者の脳中には貞実と婬乱の思想があるのみ。その貞と婬の中には無限の妙処があることを忘れています。西洋では、男女を電極のSN極のように互いに相衝き、相近づき、相親しみ、その中には無限の情があると説いています。獣、草木、生きるものすべて、まして万物の霊たる人類は尚の事です。男女を引き離すばかりの儒者の心の狭さは見過ごせません。

 男女の交際には肉体の交(まじわり)と情感の交があります。肉交は肉交のみを以て終わるべきではありません。双方、相互に会話し、同食して言わないまでも無限の情を感じるのは山水の景勝に遇って感動し、南風を薫ずる様…これを情感の交といいます。肉交、情交どちらも至大至重で、どちらも欠いてはなりません。(明治19年5月26日)


◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ ◆◆◇◆◆ 

福田先生の資料より@

米軍伝単・・・自由主義のすすめ
画像
画像
慶應義塾 福澤諭吉協会理事
西川 俊作

 本土空襲も酣(たけなわ)の1945年2月半ば、アメリカ軍は日本国民の心理攪乱、戦意阻喪を目的とした謀略伝単(宣伝ビラ)を全国各地の上空より大量に散布した。
 内容は・・・

 @福澤肖像は画でなく写真。
 A「天は人の上に・・・」(学問のすゝめ)から引用されていた。
 B筆者は日本人の公算が強い。
  言語上の改善は、捕虜日本兵士が加わって作成した(らしい)

 

 福田先生資料よりA
画像

画像


 昭和9年真山青果作「福澤諭吉」
 明治3年秋、中津に母お順を迎えに行き、その帰途、大坂の蔵屋敷に居た親戚藤本箭山に寄留したときの出来事、三幕

 登場人物:諭吉、お順、朝吹、中上川、増田、藤本



会計報告

お順さん基金

8名(内家族1)7名×500=3,500円
       エアコン代=▲100円
                 
        基金残高 22,300円
              

 台風の心配をしながらの読み会でしたが、無事に出来ました。暑い毎日が続いております。体には十分気を付けて9月にお会いしましょう。(会計・松本ひろ子)

第1回「男女交際論」を読む集いは9月3日(第1日曜日)PM6時〜7時30分を予定しています。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「「男女交際論」を読む」ブログ

中津を粋にする集い 「男女交際論」を読むのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる